メタボファイター

メタボ対策には食事の改善が大切

メタボ対策に有効な方法として、毎日の食事メニューを見直すというものがあります。食事内容や、食べ方を変えることによって、メタボの対策ができるといいます。食事の量は適切なものにし、食事の時間は規則正しく健康的なものにしましょう。不規則な食事、大食い、間食は、内臓脂肪の増加の一因となります。健康な体質であるためには、食生活を規則的なものにすることがとても大事だといいます。家でご飯を食べることが少ない生活を送っていると、脂質が過剰になりがちであり、食物繊維やビタミンが少なくなりやすいようです。食事に含まれる脂質が多いと、メタボ体質になりやすいといいます。食事から摂取する栄養バランスを見直し、規則正しい食事を摂取しましょう。栄養のバランスを考える上では、外食を減らして家で食事をするように意識することが重要です。数日分の食事内容を記録して、どんなものを食べているかチェックすることもメタボ対策に有効です。何を食べたかを確認することで、栄養の偏りがないかがわかります。規則正しい食事をしているつもりでも、書き出して見ると間食の頻度が多かったり、おやつを食べ過ぎていたりします。おやつや夜食を控えたり、つまみ食いをやめることも大事です。メタボ対策は、ダイエットとは別なものです。健康になるために行うメタボ対策は、体にいい適量を目指すことが大事です。ダイエットはきれいになるためや、ただ体重を減らせば目標が達成されますが、メタボ対策は健康になるために行うことといえます。高カロリーの料理が多い外食ばかりしていると、知らず知らずのうちに内臓脂肪が増えていきます。高カロリーの食事と言われて、、真っ先に思いつくものはラーメン、カレー、丼もの、揚げものなどです。これらの料理は好む人がたくさんいるので、外食メニューの定番といってもいいのではないでしょうか。野菜不足や、脂質過多になってしまう傾向がありますので、気をつけなければいけません。メタボ対策をするためには、外で食事をする時は野菜や魚貝類を多く使うような定食を選ぴましょう。

簡単にできる顔やせのエクササイズ

小顔になりたくて、顔やせにチャレンジしているという人は大勢います。この頃、顔やせ効果があるとしてたくさんの人が実践しているのは、顔やせべろべろ体操という運動の方法です。この運動を1日1分、二週間継続することで、小さく引き締まった憧れの小顔になることができるといいます。顔やせべろべろ体操では、舌を動かす運動をします。舌は舌骨という骨が支えており、顔の様々な場所につながっています。舌骨は、顎や、首の周囲など、様々な筋肉とくっついていますので、顔やせべろべろ体操は高い運動効果があります。顔はむくみやすく、脂肪がつきやすい部分です。顔に脂肪がついたままにしておくと、二重あごができてしまうこともあるようです。首の周囲の筋肉を強化することで、新陳代謝が上がり、顔の脂肪が燃焼しやすくなります。血流もよくなり、むくみも解消されます。顔やせべろべろ体操をる時には、最初に舌を口から見えるくらいにして出します。そのまま肩を下げて5秒数えます。舌は動かさないようにします。舌の先端があごにいまように前に出してから、肩を下げて5秒数え、ゆっくりと前の状態になります。鼻に届くぐらいに舌を出して両肩を下げ、舌を左に向けて左肩を下げ、舌を右に向けて右肩を下げ、それぞれ5秒ずつの姿勢をした後で、舌を左右に大きく回すようにしてからおしまいになります。顔やせべろべろ体操を実行して、小顔になれるように頑張っていきましょう。

自宅でできる顔やせダイエット

顔やせを目指す人は大勢いますが、効率的な顔やせダイエットの方法とはどのようなものでしょう。表情筋を使う運動は、顔やせに有効だと言われています。顔やせとは、顔の脂肪を少なくすることより、表情筋を強くして皮膚を支える筋肉を強くすることです。口角や頬の皮膚はたるみやすく、顔やせのために強化したい部分です。口まわりの筋肉を強くするために口を開け閉めして、顔のリフトアップを目指しましょう。口を思い切り開け、直後に口を思い切り閉めることによって、表情筋を刺激し顔やせをすることができます。顔やせには、顎や首を伸ばしたり、縮めたりする方法もいいいいでしょう。口の運動と同時に行うと効果が倍増です。表情筋のマッサージも、顔やせに効果が高いと言われています。いー、という声が出せる状態に口をひらいたまま、頬全体を触ってみて、どこか固いところがないかをチェックします。固くなったところがあれば、それが普段は使っていない筋肉です。こごっている筋肉を、マッサージをしてほぐすと顔やせに効果的です。中央の指3本を固くなっているところに押し当てて、円を描く要領でマッサージをします。停滞している老廃物や水分が、マッサージをすることでリンパ節から体外に出ていきます。リンパの循環を整えるために、こめかみから耳の下にかけてを10回ほどなでます。耳の下から鎖骨にかけてもリンパ腺がありますので、ここもマッサージをします。毎日、顔のマッサージを続けることで、顔やせによい効果があるといいます。

DHAは最強のサプリメント栄養素

DHAとは、Wikipediaによればドコサヘキサエン酸の略称でサンマやサバなどの青魚に多く含まれている成分です。 不飽和脂肪酸の一種であり、コレステロールの抑制や血流をサラサラにしてくれる働きがあるといわれています。 また、脳の機能を活発化したり抗うつ作用や視力向上などの効果も期待出来るそうです。 DHAは人間の体の中では生み出せず年齢と共に減少していく為、日頃から意識をして青魚を摂取するようにしたりDHAサプリメント等食品で補う事が必要です。 最強のサプリメント栄養素との呼び声も高いので効果があるのでしょうね。

義父にグルコサミンをプレゼント

夫の両親と私たち夫婦で旅行をしたときのことです。
お寺の長い階段で義父が数段から落ちてしまい、膝を打ってしまいました。
頑固な義父は我慢して旅行を続け、そのまま膝を悪くしてしまいました。
病院に行きましたが治りが悪く、何か補助的に摂取したいというので、グルコサミンサプリを贈りました。
効き目をすぐに感じることはできなかったのですが、飲み始めて一か月くらい経ったときに痛みが和らいできたといいます。
グルコサミンのおかげかもしれないとは思いましたが、10日間ほどやめてみたら、何か痛みが復活したようで、結局手放せなくなりました。